Archive

2018年度 業績

2018年度

国内学会

  • 堤 千明, 今村 武浩, 寺田 知加, 梅木 泰親, 竹部 祐生亮, 戸田 麗子, 舘原 誠晃, 井出 信次, 里村 一人:  グレープフルーツ種子抽出物のCandida属伸筋抑制効果  第28回日本口腔内科学会総会 (2018.9.14-15, 横浜市開港記念会館 神奈川県横浜市)
  • 杉山 尚希, 舘原 誠晃, 山近 重生, 瀧居 博史, 藤永 桃歌, 佐藤 徹, 里村 一人, 小林 馨:  脂肪髄を有する成熟した骨形成を伴ったWarthin腫瘍の1例  第36回日本口腔腫瘍学会総会 (2018. 1. 25-26, 新潟グランドホテル 新潟県新潟市)

国際雑誌

  • Fukushima T, Tatehara S, Takebe Y, Tokuyama-Toda R, Satomura K.  Dental Pulp Stem Cell-Derived, Scaffold-Free Constructs for Bone Regeneration.  Int J Mol Sci. 22;19(7), 2018
  • Hirasawa M, Tsutsumi-Arai C, Takakusaki K, Oya T, Fueki K, Wakabayashi N:  Superhydrophilic co-polymer coatings on denture surfaces reduce Candida albicans adhesion; An in vitro study.  Archives of Oral Biology. 87; 143-150, 2018
  • Takakusaki K, Fueki K, Tsutsumi C, Tsutsumi Y, Iwasaki N, Hanawa T, Takahashi H, Takakuda K, Wakabayashi N:  Effect of incorporation of surface pre-reacted glass ionomer in tissue conditioner on the inhibition Candida albicans adhesion.  Dental Materials Journal. 8;37(3):453-459, 2018.

国内雑誌

  • 杉山 尚希, 寺田 知加, 舘原 誠晃, 山近 重生, 佐藤 徹, 里村 一人:  口腔内に限局性腫瘤を形成した非定系型放線菌症の2例  日口内誌24:18-23

著書など

  • 片倉 朗, 里村一人, 木本茂成(監訳)佐藤 徹(分担翻訳):  オーラルバイオロジー ― 態から学ぶ歯科基礎医学―  南江堂(東京), 2018. 4. 3

国際学会

  • Tsutsumi-Arai C, Hirasawa M, Takakusaki K, Arai Y, Fueki K, Satomura K, Wakabayashi N:  Reduction in C. albicans adhesion by SBMAm co-polymer coating on PMMA.  2018 IADR/PER General Session & Exhibition (2018. 7/25-28, London, England)

特別講演・シンポジウム・講演等(国内学会)

  • 佐藤 徹:  「口腔表在癌と口腔潜在的悪性病変 ―これを見逃さず、鑑別すべき病変は何か―」  横浜市中区歯科医師会 (2018. 3. 7, 神奈川県歯科医師会館 神奈川県横浜市)
  • 佐藤 徹:   「安心安全なインプラント治療 ― どんな治療をするの? 誰にでも安全なの?―」  日本口腔インプラント学会第37回関東・甲信越支部学術術大会 市民公開講座 (2018. 2. 12, 鶴見大学記念館 神奈川県横浜市)

受賞歴

  • 竹部祐生亮  第15回鶴見大学同窓会論文奨励賞   (2018.2.17, 横浜インターコンチネンタルホテル)

科学研究費補助筋・各種研究助成金

  • 研究者氏名:田所 晋  研究課題:凍結切片を用いたiPS細胞の分化誘導法による品質評価法の確立 若手研究(B)  平成30〜32年度(研究:課題番号 18K17210)
  • 研究者氏名:竹部 祐生亮  研究課題:歯髄幹細胞の効率的回収と輸送中の歯髄組織培養を可能とする新規凍結保存法の開発 若手研究(B)  平成30〜32年度(研究:課題番号 18K17183)

ページトップへ戻る