Archive

2017年度 業績

2017年度

国内雑誌

  • 舘原誠晃, 里村一人.:  口腔癌に対する樹状細胞ワクチン療法(総説)  鶴見歯学43 :13-20, 2017
  • 山近重生:  セビメリン塩酸塩水和物とピロカルピン塩酸塩以外で唾液分泌を促す可能性のある薬物と口腔乾燥の対処法(口腔乾燥症に対する薬物療法検討委員会報告)  歯薬療法 36(1): 33-36, 2017

著書など

  • 中川洋一 編, 山近 重生(共著):   5分で読める!知りたい全身疾患29 6章 内分泌代謝・骨・血液 3 変形性股関節症/大腿骨頭壊死(p92-95)  デンタルダイアモンド社、2017. 7. 1発行

国内学会

  • 杉山 尚希, 山近 重生, 舘原 誠晃, 寺田 知加, 佐藤 徹, 里村 一人:   口腔内に限局性腫瘤を形成した非定型放線菌症の2例  第51回日本口腔科学会関東地方部会 (2017. 9. 30, 慶應義塾大学医学部信濃町キャンパス北里講堂 東京都新宿区)
  • 井出 信次, 戸田(徳山) 麗子, 梅木 泰親, 田所 晋, 竹部 祐生亮, 寺田 知加, 福島 龍洋, 舘原 誠晃, 里村 一人:   新規口腔粘膜創傷治癒薬としてのナノウマプラセンタの可能性  第27回日本口腔内科学会総会 (2017.9.8-9, 北海道大学学術交流会館 北海道札幌市)
  • 堤千明, 若林則幸, 里村一人:   抗菌性フィラー含有義歯用PMMAのCandida albicans抑制効果.   第27回日本口腔内科学会総会 (2017.9.8-9, 北海道大学学術交流会館 北海道札幌市)
  • 上野 繭美, 舘原 誠晃, 山近 重生, 佐藤 徹, 里村 一人:   口腔乾燥を契機に発見された中枢性尿崩症の一例  第27回日本口腔内科学会総会 (2017.9.8-9, 北海道大学学術交流会館 北海道札幌市)
  • 豊田 長隆, 梅木 泰親, 井出 信次, 里村 一人:   両側性関節円板転位により下顎の著しい側方偏位を呈した 1 例  第30回一般社団法人日本顎関節学会総会・学術大会 第22回一般社団法人日本口腔顔面痛学会学術大会(2017. 7/29-30 ワークピア横浜 神奈川県横浜市)
  • 井出 信次, 戸田(徳山) 麗子, 梅木 泰親, 田所 晋, 竹部 祐生亮, 寺田 知加, 福島 龍洋, 舘原 誠晃, 里村 一人:   ウマプラセンタによる創傷治癒促進効果とその新規薬剤としての可能性  第71回日本口腔科学会総会 (2017.4.27-28ひめぎんホール 愛媛県松山市)
  • 福島 龍洋, 舘原 誠晃, 竹部 祐生亮, 井出 信次, 戸田(徳山)麗子, 里村 一人:   骨再生におけるヒト歯髄幹細胞を用いた3次元細胞培養の作成  第71回日本口腔科学会総会 (2017.4.27-28ひめぎんホール 愛媛県松山市)

特別講演・シンポジウム・講演等(国内学会)

  • 舘原誠晃    「口腔がん検査の最前線」  第20回日本歯科人間ドック学会記念学術大会 (2017.12.10 鶴見大学会館 神奈川県横浜市)
  • 佐藤 徹:   深達度と周囲組織浸潤 (ワークショップ:口腔癌取扱い指針)  第28回日本口腔腫瘍学会総会 (2018. 1 .28-29, 2010 学術総合センター一橋講堂 東京都千代田区)

受賞歴

  • 福島龍洋  第71回日本口腔科学会総会若手優秀ポスター賞  (2017.4.26-28, ひめぎんホール 愛知県東温市)

科学研究費補助筋・各種研究助成金

  • 研究者氏名:佐藤 徹  研究課題:5-ALAを用いた口腔癌の蛍光診断および術中蛍光ナビゲーションシステムの開発 基盤研究(C)  平成29~32年度(研究:課題番号 17K11889)
  • 研究者氏名:舘原 誠晃  研究課題:歯髄幹細胞により作製した3次元細胞組織体による次世代型再生医療技術の開発 基盤研究(C)  平成29~32年度(研究:課題番号 17K11861)
  • 研究者氏名:里村 一人  研究課題:成熟機能細胞の分化転換能(分化可塑性)を利用した新たな組織再生療法の可能性 基盤研究(B)  平成29~32年度(研究:課題番号 17H04411)
  • 研究者氏名:堤 千明  研究課題:抗菌性義歯用材料の開発;感染制御の口腔内からのアプローチに向けて 若手研究(B)  平成29~31年度(研究:課題番号 17K17156)

ページトップへ戻る