Archive

2007年度 業績

2007年度

国際雑誌

  • Yamada H, Nakagawa Y, Wakamatsu E, Sumida T, Yamachika S, Nomura Y, Mishima K, Saito I.     Clin Rheumatol. 26(8):1320-7, 2007
  • Satomura K, Tokuyama R, Yamasaki Y, Yuasa T, Tatehara S, Ishimaru N, Hayashi Y, Nagayama M.   Possible involvement of stem cell factor and endothelin-1 in the emergence of pigmented squamous cell carcinoma in oral mucosa.   J Oral Pathol Med 36(10): 621-4, 2007
  • Tokuyama R, Satomura K, Maeda E, Kudoh K, Yamasaki Y, Nagayama M.   Maspin is involved in bone matrix maturation by enhancing the accumulation of latent TGF-beta.   J Bone Miner Res 22(10): 1581-91, 2007
  • Satomura K, Tobiume S, Tokuyama R, Yamasaki Y, Kudoh K, Maeda E, Nagayama M.   Melatonin at pharmacological doses enhances human osteoblastic differentiation in vitro and promotes mouse cortical bone formation in vivo.   J Pineal Res 42(3): 231-9, 2007
  • Imanaka M, Nomura Y, Tamaki Y, Akimoto N, Ishikawa C, Takase H, Ishii H, Yamachika S, Noda K, Ide M, Yamamoto K, Kokubo Y, Seto K:   Validity and reliability of patient satisfaction questionnaires in a dental school in Japan.   Eur J Dent Educ 11(1):29-37, 2007

国内雑誌

  • 山本 健, 山近 重生, 今村 武浩, 木森 久人, 塩原 康弘, 千代 情路, 森戸 光彦, 山口 健一, 長島 弘征, 山田 浩之, 斎藤 一郎, 中川 洋一:  ドライマウスにおける加齢の関与   老年歯科医学22(2): 106-112, 2007
  • 徳山麗子、里村一人、藤澤健司、桃田幸弘、湯浅哲也、工藤景子、舘原誠晃、高野栄之、長山 勝.   セルフドリリングタイプ顎間固定用スクリューの有用性に関する検討.   口腔顎顔面外傷 6: 2-7, 2007
  • 舘原誠晃、武知正晃、桃田幸弘、湯浅哲也、高野栄之、徳山麗子、宮本洋二、長山 勝.   HAP-PLGA複合体による顎骨再生への応用に関する実験的研究.   日本口腔外科学会雑誌 53(10): 588-593, 2007
  • 山近 重生, 中川 洋一, 長島 弘征, 保志場 大吾, 斎藤 一郎, 石橋 克禮:   大唾液腺形成不全の2例   日口外誌 53(5): 304-308, 2007

著書など

  • 斎藤一郎監修, 山近 重生(共著):  ドライマウスの臨床 2章 Ⅱ メディカルインタビュー(p69-75)、2章 Ⅲ ドライマウスの口腔内所見(現症)(p76-80)、2章 Ⅳ 抑うつと更年期障害の評価(p81-83)  医歯薬出版株式会社、2007. 5. 15発行

国際学会

  • Tokuyama R, Satomura K, Yamasaki Y, Yuasa T, Tatehara S, Kudoh K, Maeda E, Hayashi Y, Nagayama M.   Possible involvement of stem cell factor and endothelin-1 in the emergence of pigmented squamous cell carcinoma in oral mucosa.   The 89th AAOMS (2007 Hawaii, USA)
  • Asada K, Toyoda N, Yamamoto H, Ide S, Ishibashi K:   Surgical outcomes of patients of contracture of TMJ. http://jglobal.jst.go.jp/detail/?JGLOBAL_ID=200902205636670203  The 1st International and the 19th Annual Meeting of the Japanese Society for the Temporomandibular Joint (2007.7.19-21, Nagoya Japan)

国内学会

  • 保志場 大吾, 佐藤 徹, 寺田 知加, 井出 信次, 浅田 洸一, 石橋 克禮:   耳下腺脂肪腫の1例   第26回日本口腔腫瘍学会総会 (2008.1.23.-25, 別府国際コンベンションセンター 大分県別府市)

ページトップへ戻る