Message

先輩の声

杉山 龍太郎

臨床助手

杉山 龍太郎

Ryutaro Sugiyama

入局年
2017年
口腔内科学講座を選んだ理由は?
口腔外科分野だけでなく一般診療も行えるから
仕事のやりがいを感じるときは?
患者さんの口腔内の悩みが解決した時
職場の環境はいかがですか?
医局員の仲がよく、上司の先生方も治療ことで悩んでいる時にしっかり相談にのってくださるので口腔外科の分野を学ぶには最高の環境です。
今後の目標を教えてください。
一人でも多くの患者さんの口腔内の悩みを解決できるように精進していきたいです。
入局希望者に向けてメッセージをお願いします。
ただ外科処置を行うのではなくその後もしっかり機能することを考えて処置しています。診断、外科処置ができる様になれば開業医さんで働くことになっても対応できるよになると思います。口腔外科分野をやってみたい方、苦手な方もぜひお勧めしたいです。

藤永 桃歌

臨床助手

藤永 桃歌

Momoka Fijinaga

入局年
2015年
口腔内科学講座を選んだ理由は?
すべての治療において大事な『診断力』を身に着けたいと思い十分に学べる場である当講座に入局しました。
仕事のやりがいを感じるときは?
一番は知識や技術が向上し、それが生かせる場があるということに達成感や、やりがいを感じます。そのうえで患者さんに喜んでもらえるのがうれしいです。
職場の環境はいかがですか?
上級医の先生方がいい意味で近い存在にいるため、治療方針に困った症例など常に相談できる場であり、良い環境だとおもいます。
今後の目標を教えてください。
病院における口腔内科学講座がさらに重要な役割になるように微力ながら協力していきたいと思います。
入局希望者に向けてメッセージをお願いします。
大学病院でありさらに横浜という好立地に病院がありますので沢山の症例を経験できると思います。

寺田 知加

助教

寺田 知加

Chika Terada

入局年
2002年
口腔内科学講座を選んだ理由は?
卒業後すぐの時点では一般開業医になる予定でしたので、その前に少し一般開業医では学ぶ機会が少ないことを勉強したいと思い入局しました。
仕事のやりがいを感じるときは?
後輩が育っているのを見たとき。
職場の環境はいかがですか?
相談したいと思うことがあるといつでもすぐに何でも相談できる環境です。
今後の目標を教えてください。
口腔外科・内科医としてキャリアを積んでいる女性はまだまだ少ないです。「そんなに意識高い系でなくても家庭と両立しながらキャリアを積む」というモデルケースになっていければと考えています。
入局希望者に向けてメッセージをお願いします。
一般開業医を目指している先生こそ一度口腔内科学を勉強して頂くのがいいと思います。高齢者や有病者の患者さんが多い今の時代では全身疾患についてある程度の知識が必要なことは言うまでもありませんが、難しい疾患に直面して苦労することや研究について考える時間を持つことは必ず、今後の歯科医師として幅を広げてくれるものだと思います。

戸田(徳山)麗子

講師

戸田(徳山)麗子

Reiko Toda(Tokuyama)

入局年
2010年

当講座では、共に診療・研究・教育に取り組んでくださる先生方を歓迎いたします。特に、女性歯科医師も大歓迎です。
女性歯科医師はキャリア形成において、プライベートとのワークライフバランスの取り方が大変難しいです。しかし、私をはじめとして、当講座では女性歯科医師のキャリア形成を応援する基盤があります。結婚や出産を経てもなお男性歯科医師と同等のキャリアを形成することができます。結婚・出産・育児に絡む仕事における問題点は遠慮なくご相談ください。
私は2018年7月現在、育休取得中ですが、結婚・出産前と変わらず、診療・研究・教育に携わる事ができる講座であり、また、男性歯科医師の理解がある講座です。女性歯科医師の先生方の入局をお待ちしております!口腔外科専門医、学位(歯学博士)、がん治療認定医などの取得もできます!もちろん、男性歯科医師の先生方もお待ちしております。一緒に口腔外科診療、研究に邁進しましょう!(私の専門は分子生物学と再生医療です)そして、後進を育てる教育に参加してください!

ページトップへ戻る